フラット35の金利が今月は7月に比べて更に低くなっています。
クレディセゾンの金利表はこちら→住宅ローン【クレディセゾン】
35年長期固定なのに1%を切るという、驚きの低さです。
一年程前に「底」だと思っていた金利ですが、現在でも記録更新中。
金利は、景気の動向と連動しているので一概に喜んでいいものではありませんが、
今不動産を購入するのは、本当にいいタイミングだと思います。
さて、先日当社のお客様がフラット35を利用して家を買われました。
この方は、派遣社員の方で都市銀行ではローンが厳しい為、フラットを扱う
クレディセゾンに事前相談を持ち込んだ所、すんなりクリアとなったので
ご契約→ローン本申込→ローン契約→決済・引き渡し となりました。
フラット35を利用して住宅ローンを組む場合、「適合証明書」というのを
発行してもらわなければいけないのですが、建築士の先生に依頼をして調査をして頂きました。

建物の水平と垂直を測っています。傾斜が1/6,000までは許容範囲です

小屋裏にも登って確認をします。ちなみに確認出来ないと適合証明は出ません。

調査の結果、庇の裏(軒裏)の換気口の新設と床下換気口の増設が必要となりました。

軒裏に換気口を取り付けています

床下換気口を取り付けるためにコア抜きをしているところです。

すごい機械!160㎜の穴をあけています

抜かれた残骸。質量が凄いです

換気口を取り付けて工事終了です

私も研修を受けてきたので、これからは適合証明を発行していきます!