今日は4年に一度の2月29日。

東隣のお家と当社の境界のブロック塀の

解体工事が行われていまして、結構な騒音の中でブログを書いています。

人間が出来ていないので、集中するのがなかなか難しいです(笑)

 

さて先日、以前リフォーム工事をしたお客様からトイレが詰まったので見に来て欲しいと

ご連絡がありました。(以前のリフォームではトイレは触っていません)

早速、職人さんとお伺いしました。

 

トイレットペーパーが全然流れていない状況です

ラバーカップ(スポスポ)で何度もやってみたものの、うんともすんともです💦

結局、便器を外してみることに。

床に埋まっている、床排水ソケットの図面ですが、赤い〇印の段差にペーパー等が引っかかっていることが原因でした。

排水ソケットに引っかかっていたティシュ等を除去して、再度トイレを設置。きちんと流れるか実験します。

気持ちよく、流れました!あ~良かった!職人さん、ありがとうございます♪

 

トイレが流れない場合、異物を誤って流してしまうということが多いのですが、

今回のケースではそういった理由ではなく、排水ソケットの構造上の問題でした。

とはいえ、10年近く使用してきて初めての事、という事なので、

恐らくいろんな事象が重なってつまったのではないか、と思われます。

 

ちなみに排水ソケットは便器とセットになっている為、別の形状のものに単体で交換することは基本的には

できません。

お客様には、ウォシュレットが壊れるなど、別の不具合が出た時に便器を交換されてはどうか、と

ご提案させて頂きました。

便器が詰まった場合など、TOTOのサイトに対処方法がありましたのでご参考に載せておきます。

TOTOサイト