例年9月から翌年の3月までは不動産の売買や賃貸が活況になる時期です。

不動産業界の繁忙期であります。

さて、今年は新型コロナウイルス感染拡大という不測の事態になり、

4月には緊急事態宣言が発令され、経済が全く動かなくなりました。

緊急事態宣言が解除された5月下旬以降、人々は動き出しましたが、

まだまだ完全復活には程遠いようです。

 

さて、不動産業界はどうでしょう?

4月~5月にコロナ禍で動かなかった取引が後ろ倒しとなり、8月、9月は

物件、特に中古戸建やマンションの売買が活況で特に8月の増加率としては

1990年5月以降で最大となったようです(近畿不動産流通機構調べによる)

中古マンションの成約が件数、坪単価共に上がっています

 

私達の商圏エリア、神戸市西部や明石市はどうかというと、実感として

 

①1000万前後~1500万前後の中古戸建の在庫不足感

②数年前より価格が1~2割上がっている(物件によっては3割)

③売却希望の方が様子見をしていて、新規物件が出てきにくい

などは特に感じます。

 

②については、路線価が上がって不動産価格の底上げになった、というよりも

不動産業界による(業者の値段付けによる)価格操作といった印象が強く、

いつまでこの高値付けが続くのか、というのは注視する必要がありそうです。

 

ただ、今売却を考えられている方にとっては数年前よりも高く売れる(かも)という

こともあるので、またここしばらくは超低金利も続く予想も聞きますし、

高く売却できるチャンスと言えると思います。

 

緊急事態宣言中は不動産業界も全く動きませんでしたが、解除されてからはほぼ例年通り

に動いていますので、売却のタイミングとして問題ないですよ。

 

今すぐのご売却ではなくても、査定だけでも無料で行っていますので、いつでも

お気軽にご相談ください。近隣の取引事例と合わせて、詳しく査定させて頂きます。

不動産リサーチの女性スタッフです

スタッフの冨永です。お客様からのお問い合わせを心よりお待ちしています♪